GAタグ貼り忘れで困ったときの、Excelによる簡易生ログ分析

先週、Web Destinationさんのメルマガで当ブログのご紹介をして頂いたのですが、たまたまGoogleタグマネージャの実験中でGAタグが外れた状態になっていたため、メルマガからのアクセスがGAでは測れませんでした(^^;

そこで久しぶりに、エクセルを使った超簡易生ログ分析をやってみましたので、その手順をご紹介します。(※下図キャプチャーはExcel2010の画面です)

1)配信日の生ログデータを入手する
→メルマガ分析の測定期間は、配信日を含む3日間ぐらいが目安ですが、今回はメンドクサイので配信日当日のみにしました(笑)

2)生ログデータをテキストエディタで開いて行数を確認する
→Excel2010の場合、ログが1,048,576行以上ある場合は2ファイルに分ける必要があります。今回はログが1,048,576行以内だったため、ファイル分割の必要はありませんでした。

3)生ログデータをエクセルで開く
→ファイルを開くときに「テキスト ファイル ウィザード」というウィンドウが表示されるので、下図の手順で操作してください。

140427_01
140427_02
140427_03

4)重複するIPのデータを削除
→今回知りたいは流入数のみなので、下図の手順で、重複するIPのデータを削除します。(流入ページ以外のアクセス情報が削除されます)

140427_04

140427_05

5)エクセルシート内をパラメータ数で検索して、メルマガからのセッション数を数える
→今回のメルマガのパラメータ「?utm_source=mg0425wd&utm_medium=email」でエクセルシート内を検索した結果、38セッションのアクセスがあることが分かりました。フッター部分に入っていたリンクであることを考えると、なかなかの高反応ですね。

140427_06

今回は当ブログでの事例とさせて頂きましたが、似たようなトラブルのご相談は企業Web担当の方からも時々頂くことがありますので、ぜひ頭の片隅にでも置いておいてください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク